BOSS DM-3

カウンター
 
dm-3
Boss
DM-3
Type
Delay
Spec
----------------------------------------------
Control
REPEAT RATE ECHO INTENSITY
INPUT OUTPUT DIRECT OUT 9V Battery DC9V

ボスのアナログディレイ、DM-3
これはコンパクトでも有名な名機です。
DM-2の後期型がステレオチャンネルになり、ノイズリダクションを装備しています。

布袋さんも未だにご使用のもので、私もコンパクトでは一番お気に入りです。
発振サウンドが可能で、飛び道具というより、楽しいおもちゃって感じです。

DMシリーズのモデリングをいくつか購入しましたが全滅。実機には遠く及ばないですね。

space
dm-3

サウンド

ディレイでよく見る「アナログ回路」ってありますが・・・
いろんなディレイやエフェクターを使用すれば「アナログ回路」の良さも解ると思います。
ノイズのほうも、まったく気にならないといいますか、ノイズも含めていい味なのかと。
といっても、ほんとノイズは気になるレベルでは全くないです。

アナログ感がとても気持ちよく、名機として未だに君臨しているだけあると思います。
液晶がなく、ディレイタイムの正確なセッティングはできないですが
万一壊れたときのために、もう一台欲しいくらいです。

当時の専用アダプターでないと、LEDが点灯しません。
回路的にも問題があるようなので、アダプターの使用には注意が必要です。

今ではメイン機材にはなることはないですが、一度使用する価値は絶対あります。

space
dm-3

発振サウンド

これはすっごい気持ち良いです。
発振したときのサウンドはなんとも言えないものがあります。

実際に使用してわかるのですが・・・セッティングが微妙な位置になります。
リピートを強くかけると、ハウリングのような状態になるだけです。
いちど発振すると、ペダルにてオフにしない限り止まらないです。

わずかな範囲でツマミを操作すると、少し位置がかわるだけでも
いろんなタイプの感じに変化します。
SSGのライブにて布袋さんがDM-3を発振させて、ツマミを操作していますが
あれってけっこう微妙な操作をされています・・・

space
Sample Sound

flash
[ Guitar Telecaster Pickup 2S Center Vol.8 Tone.8 Digi 003 Ruck + Pod XT Ver3 ]

ツマミピッキングは最初の一回だけで、左の画像のような感じでツマミを動かしています。
1回目・2回目は発振のみ。3回目・4回目はツマミを動かしています)

最初のグリッサンド、ツマミを動かすタイミングなどで効果が変わるので、
何回か録音してみました。
INTENSITYのセッティングでツマミを動かす範囲も大きく変わってきます。

コメント掲示板 設置未定

space
space